「砂糖ゼロ」に隠された危険な話


こんにちは、「スムージーとローフードで太る食べ癖をなおすダイエット個別指導」講師の白川凛です。

 

疲れが溜まると甘いものが食べたくなりますよね。

でも、ダイエットしてるし…思いっきりチョコレートやスイーツを食べたいけれど、罪悪感が拭いきれず、コンビニのお菓子売場でついつい手が出てしまう、最近よく見かける「砂糖ゼロ」のお菓子。

 

美意識の高い人ほど砂糖ゼロに惹かれます

美意識が高い人ほど、砂糖ゼロと書かれた文字に惹かれます。

糖質制限ダイエットが流行っていたり、糖質をカットすると痩せる、と聞くと、甘いものを食べることに罪悪感も出てくるし、でも、ちょっと甘いものを食べたくなる時もある。

そんな時に、お菓子売場の最前列に並んだ、いかにも美容によさそうな、あなたの為に並んでいるかのように見える「砂糖ゼロ」と書かれたお菓子は魅力的でついつい手が出てしまいがち。

その「砂糖ゼロ」が甘いのはなぜ?

美意識の高い皆様。

そこでちょっと考えてみてほしいのです。

砂糖ゼロなのに甘いんですよ、そのお菓子。

砂糖ゼロならば、おそらく人工甘味料が入っているのでしょうが、人工的につくられた甘味料って、一体何なのかを。

 

「砂糖ゼロ」は裏の表記を確認しましょう。砂糖以上に危ない成分が入っているかもしれませんよ。

あなたは、お菓子に限らず加工食品を選ぶ際、裏の表記を見ていますか?

商品の表側には、売るためのキャッチフレーズが書かれています。

「砂糖ゼロ」や、「カロリーオフ」や「カロリーゼロ」など。

 

一見、体に良さそうで、美容にも健康にも良さそう!食べ過ぎても大丈夫!!と思いきや、商品の裏側を見てみましょう。

商品名や内容量や、保存方法などが書かれているところに、必ず「原材料名」という欄があります。

そこに、ステビア、アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK、などの横文字が並んでいませんか?

これらが「人工甘味料」です。

 

では一つずつ見て行きましょうね。

ステビア

砂糖の200〜300倍の甘さを持ち、カロリーはほとんどゼロ。糖尿病治療に使われたり、薬理効果もあるとされるが、逆に妊娠を予防する、不妊になる可能性がゼロではない、という見解もあり、海外では使用が禁止されている国もある。

アスパルテーム

遺伝子組み換えのバクテリアの排出物で、癌や鬱病、不妊症の危険性があり、ボストンの婦人科病院の研究では、腎臓機能障害と深く関係があるともされている。

スクラロース

砂糖の600倍の甘さを持つ。

海外では禁止されている農薬の一種に、その分子構造が似ており、138度を超える加熱で塩素ガスが発生する。

赤血球の減少、肝臓細胞の異常、卵巣収縮や、発ガン性があるとされる。

アセスルファムK

甘さは砂糖の200倍。カロリーゼロ。

原料は酢酸で、塩化メチレンが含まれています。

塩化メチレンは、発ガン性物質としてリスクの高い物質。

 

いかがですか?

美容やダイエットどころの話じゃないですよね。

 

糖質を「選ぶ」という賢い選択

いかがでしたか?

一見、美容や健康によさそうで、ダイエットの見方のように見える「砂糖ゼロ」や「カロリーゼロ」のフレーズがついたお菓子。

裏の表記を見てみると、ダイエットどころか、体に悪影響を及ぼしかねない成分が並んでいることもあります。

精製された白砂糖も体には良くないですが、このような恐ろしい人工甘味料を摂取するのなら、白砂糖の方がマシだった、ってお話は多々あります。

また、人工甘味料や食品添加物は、毒素として体内に蓄積され、デトックスされにくい「痩せない体」を作るので、元も子もありませんね。

甘いものが欲しくなったら、新鮮な果物や、精製されていない黒糖やメープルシロップなど、糖質を選ぶという賢い選択をしましょう。

 


[ 「砂糖ゼロ」に隠された危険な話 ]未分類2017/06/23 00:17