オメガ3 脂肪酸がダイエットに効果的なワケ


こんばんは、白川です。

年末恒例の忘年会が続いており、暴飲暴食の毎日ですが、皆様いかがお過ごしですか?

確実に間違いなく体重が増えております…

体重計に乗る暇も無いですが、体が重たいので、逆に体重計に乗るのが怖い…ですね…

このままお正月に突入しますから、ダイエットは新年会が終わる1月後半から、なんて、ゆるゆるな感じで参りましょう!

引き続きまして、オイルのお話です。

 

オイル(食用油)に意識を向けていますか?

あなたは普段買い物をする時、オイルの種類を気にしていますか?

いつものスーパーで特価になっていたから、毎回うちはこのオイルだから、植物油なら何でも、と言った感じでしょうか?

同じ植物油でも、栄養価は様々。

何気なく摂っているオイルが、思いのほか体に影響を及ぼしています。

 

体内で合成出来ない「必須脂肪酸」とは

私達が体内で合成できない脂肪酸のことを「必須脂肪酸」と言います。

必須脂肪酸は、子供の成長や発育に重要な働きをしますが、体内で作る事が出来ないため、食物から取り込まなければなりません。

 

必須脂肪酸は、人間の細胞膜を形成するのに大切な役割を担っていますから、不足すると、皮膚に異常が現れたり、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったりします。

この必須脂肪酸が含まれているのが、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。

 

ではこの必須脂肪酸はどのオイルに含まれているんでしょうか。

 

オメガ3脂肪酸は主に、亜麻仁油、えごま油、サチャインチオイル(インカインチオイル)、カメリナオイルなど。

 

オメガ6脂肪酸は、紅花油、コーン油、ヒマワリ油、大豆油など。

 

オメガ6脂肪酸が含まれるオイルの方が、よく目にする身近なものが多いですね。

 

それぞれの脂肪酸が体に与える影響は?

オメガ6脂肪酸が含まれるオイルは、スーパーでもよく見かけますし、ご家庭でも普段使いされてる物が多いですね。

 

外食でも同じく、オメガ6脂肪酸が含まれるオイルがよく使われています。

 

オメガ3 脂肪酸もオメガ6脂肪酸も、どちらも必須脂肪酸で体には必要なのですが、現代人の私達はオメガ6脂肪酸を取りすぎているんですね。

オメガ6脂肪酸は、取りすぎると、体内の炎症を引き起こし、アレルギーや現代病を助長してしまいます。

逆に、オメガ3脂肪酸は、体内の炎症を鎮め、体を温め、代謝を上げます。

 

どちらも必須脂肪酸で必要な成分なのですが、私たちの摂り方が偏っているのです。

 

では、それぞれの脂肪酸をどの割合で摂るのが良いのでしょうか。

 

オメガ3脂肪酸を意識すると体が変わる

オメガ6脂肪酸を多く摂りすぎてる現代。

 

理想的な割合は、

オメガ3脂肪酸:オメガ6脂肪酸が、1:1〜1:4までなのですが、現代はこれが、1:5〜1:20くらいの割合でオメガ6脂肪酸の摂りすぎになっています。

 

オメガ6脂肪酸は、必須脂肪酸ですが、摂りすぎの現代では意識して摂る必要はありません。

 

意識すべきはオメガ3脂肪酸です。

体内の炎症を鎮め、血行を良くし、代謝を上げ、コレステロール値のコントロールや中性脂肪にも働きかけてくれるので、栄養価はもちろん、ダイエットには必須の成分。

 

亜麻仁油、えごま油、カメリナオイル、サチャインチオイル、などに多く含まれます。

 

オメガ3 脂肪酸は熱に弱いので加熱は厳禁。

サラダやスープに、1日大さじ1杯ほどをかけて召し上がって下さい。

 

体質改善をすることで、痩せやすい体質に導く、ダイエットに理想的な栄養素です。

意識して摂ることで体が変わりますよ。

 

愛用のFlora社の亜麻仁油(フラックスオイル)

 

 

 

 


[ オメガ3 脂肪酸がダイエットに効果的なワケ ]ダイエット2017/12/21 21:52